タピモカ観察日記:November 2003

会社のお手洗いで、少し泣きました。 2003/11/01
去る10/28、実家の母より「ウォーリー入院」とのメールが入りまして、息が止まりそうになりました。

ウォーは月曜から元気がなかったそうで、火曜の朝に泡を吹いて倒れ、病院では酸素室に入らなければならないほどの重病だったようです。脳に障害があるのか右手が全く動かず、レントゲンをとったら心臓も肥大していたって。
心電図・血液検査・点滴を続け、昨日の夕方になんとか退院したのですが、未だに食欲はなく、足が不自由なためトイレも父や母が連れていってやっとだとのこと。病猫だからお刺身とかカニ缶とか大好物を与えているんですが、あんなに食欲旺盛だったウォーリーがカニ缶一つろくに食べられないなんて…。

今は一緒に住んでいないけれど、私が中一の時から10年近く一緒に居た大事な家族だから、早く良くなって欲しいです。


写真は先週末、久々に実家に戻った時のウォーリー。タピを飼い始めてから会ってなかったので約2ヶ月ぶり。このときウォーリーがすごく老けて見えたのは、単に赤ちゃんタピを見慣れてしまってたせいだと思ったんですが...

安静に、と言われても 2003/11/02
今日は2度目のワクチン接種のため、お医者に行ってきました。
この1ヶ月で体重は2kgを超え、病院でもあっちへ行ったりこっちへ来たりと元気っぷりを発揮し、先生に「やんちゃな子だねー」と苦笑されちゃいました。

ただ、注射は滞りなく済ませたのですが、耳を痒がるタピを診察してもらうと、やはり耳ダニがいるとのこと。
耳ダニは成猫なら注射で治せるらしいんですが、まだ3ヶ月半のお子ちゃまなので通院しての薬治療です。ガンバロー

午後はウォーリーのお見舞いに実家へ。
すっかりガリガリ君になって、びっこを引いて歩くウォーリーを見るのは胸が痛みましたが、撫でてやるとゴロゴロ喉をならしてくれました。
頑張っていっぱい食べていっぱい寝て、元気になってねウォーリー。
会ったことはないけれど、タピも一緒に祈っています。

暴れん坊将軍 2003/11/05
飼い始めて2ヶ月が経ったタピは、もはやうちの中で上れない所はありません。
来た当初はベッドの上に乗るのもやっとだったというのに!

冷蔵庫だろうと洗濯機だろうと、うちで一番高い食器棚の上でさえもおちゃのこさいさいです。
何とかと煙は高い所が好きって言いますが、猫って高い所に上って物を下に落とすのが好きなんですよね・・・今日は私が帰宅すると、机の上に置いてあったポトスの鉢が床に落ちて、砂が飛び散らかってました。割れてなかったのがせめてもの救いですか。数日前には化粧水が床にぶちまけられてたし(フタがきちんと閉まってなかったらしい…泣)。


またチーズケーキを食べました。 ちぇりぃぼぶ という店のです。
ここのはコッテリしてかなり美味です。前に季節限定かなんかのブルーベリーがいっぱいのったやつも食べたけど、プレーンも全然イケてますよv

キャット所〜 2003/11/08
1ヶ月以上前から楽しみにしていたキャットショーを見に、浅草まで行ってきました。

猫好きの知人が参加するというので見学させてもらったのですが、さすがショーキャットたちはカッコイイ子ばかり!
中でもやっぱりアビシニアンは格別で、スレンダーな体型も艶やかな毛並みもクリクリの瞳も、全てがもうたまらなく美しくて、アビへの憧れがますます強まりました。
・・・もちろんアメショも可愛いですけどね★

素敵な猫をたくさん見れたし、素晴らしいブリーダさんとお話もできて、かなり充実した一日でした。
明日も行きたかったけど、タピの病院があるのでやむなく断念です...


写真はお世話になった知人の猫さん、メインクーンのサラム君です。
なんと体重が8kgもあるおっきい子です!でもおとなしくて可愛いんですよv


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.