■快適な住まい
モカ『やっと涼しくなってクルクルCooLでウケケケケ〜』
トロ『そうでちゅね。もうエアコンは必要ないでちゅかね〜』
モカ『まぁ多少暑くても、ここは快適だからな。』
トロ『僕も気に入ってまちゅ』
モカ『おう、気に入ってるのか〜』
トロ『うん』
モカ『冷暖房完備!』
トロ『うんうん』
モカ『完全個室!』
トロ『うんうんうん』
モカ『餌食べ放題!』
トロ『うんうんうんうん』
モカ『ロフト付き!』
トロ『うんうんうっ?』
モカ『代わってあげようか?』
トロ『うっ……危ないところでゅ。危うく返事するところでちた…ふぅ〜』
モカ『く〜っ!まいっちんぐ〜』
トロ『もうおじちゃんはひどいでちゅ。ロフトって、今おじちゃんが座ってる、まさにココの事でちゅね?』
モカ『ん?ま、まぁな』
トロ『やっぱりダマそうとしたでゅ〜』
モカ『すまん!エテ公には内緒な。頼むクルクル〜』
トロ『その言い方〜怪しいでゅ〜』
モカ『このクソガキが〜。チャカかましたろか〜〜ガルルル〜』
トロ『うゎ〜〜〜ん。おじちゃん恐いよ〜〜』
モカ『ケケケ。やっぱりガキだな〜』
トロ『エナさんに言い付けまちゅ。最近のエナさんは恐ろしいでちゅよ〜。ドロドロドロドロ〜』
モカ『は?歯の切れ味が鋭くなったか?ケケケケケ〜』
トロ『その通りなのでちゅ。怒ると猫を食べるって小耳にはさんだでちゅ。噂ではタピさん達、みんな食われて…。ブルブル〜』
モカ『ケケケ。つまらん嘘ついて、やっぱりクソガキだな』
トロ『おじちゃんサヨウナラでちゅ。僕はエナさんに話して、おじちゃんを食ってもらいまちゅ』
モカ『お、おネギ、さっきのは冗談だよ、じょ〜だん。ほら、この愛くるしい目をみてごらん?』
トロ『えっ?』
モカ『ほれ、見てみーや』
トロ『ん〜。みんなと違って目がクリクリしてなくて、座ってまちゅ。形が菱形でマジンガーZみたいでちゅ』
モカ『おおぉ〜〜♪マジンゴー。マジンゴー。マジンガーゼ〜ット!。シャキーン!決まった!』
トロ『お、おじちゃん上手でちゅ〜。流石僕のおじちゃんでゅ〜』
モカ『じゃあ、交代してくれる?』
トロ『嫌でちゅ!ロフト付きでもね〜ケージはケージでゅ』
モカ『な〜ネギ太郎、さっきケント達が食われたって言ってたのは冗談だよな?』
トロ『冗談じゃないでちゅ。美味しいって言ってまちた。恐いでちゅ』
モカ『でもさ〜ホントにケントを食って、美味しいって言ってたんか?』
トロ『はいでちゅ。はっきり言ってまちた。ベルリコ豚って』
モカ『やっぱりケントが"ベルリコ豚"の"豚"って事か??』
トロ『違うんでちゅか?』
モカ『大黒屋、おまえも悪よの〜(さすが俺の甥っ子だ)』
--2006年9月21日(木)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.