■またおいで
  モカ『マスター、ここのベルガモットティーは、いつ飲んでも美味いクルニャ〜。今日も良い味出てるね〜』
マスター『恐れ入ります。』
  モカ『これが味わいたくてつい足をのばしちゃうんだよな〜。う〜ん、たまらんね、この香り。シトラス・ベルガミアというベルガモットの学名通り、柑橘系の爽やかな香りが疲れを癒してくれるんだな〜。この微妙なバランスが他の店では出せないんだよね』
マスター『嬉しい事を言って下さいますね。モカさんが最初に来られてから、かれこれ一年になりますかね〜?』
  モカ『もう一年になるか〜。ショーで疲れきって、逃げたい気持ちから飛び乗った列車に揺られてここに来て。店に入って、うなだれる俺に何も言わずに、このベルガモットティーを出してくれて。一口飲んだら、凝り固まったものが溶け始めて、涙が止まらなくてな。あの時は若かったニャ〜』
マスター『懐かしいですね。それ以来、こんな軽井沢の山奥まで足を運んで下さって。』
  モカ『あの時のこの味とマスターの笑顔が忘れられなくてね〜』
マスター『ははは。毎回言いますけど、笑顔ではないんですよ。毎回言ってますけど』
  モカ『そうかい?マスターの笑顔はとても良いよ。じゃあそろそろ行ってみるかなクルクル〜』
マスター『モカさん、取りあえず聞いてみますが、お勘定は?』
  モカ『マスターの笑顔最高!クルクル〜』
マスター『だからお勘定。これは笑顔ではないですから…ヒクヒク…』
  モカ『じゃあまたクルクル〜』
マスター『もう来なくていですからね〜』
  モカ『遠慮するなよ!またクルクル〜。バタン!』
マスター『しょうがないな。またおいで、モカタン』


こんな、隠れモカファンが各地に存在している。らしい…

  タピ『ホント!?』
--2005年9月15日(木)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.