■副業
モカ『な〜ケント、(ヒソヒソ)』
タピ『なに?』
モカ『おまえ、声が大きいよ』
タピ『ゴメン。なに?(ヒソヒソ)』
モカ『猿が起きちゃうだろ?(ヒソヒソ)』
トロ『ノープロブレムでちゅ!』
タピ『そうだよ。エナさんねちゃったら、地震でも起きないから』
モカ『そりゃそうだ。ケッ、気をつかったら、スプレーしたくなっちまったクル〜』
タピ『も〜やめてよ。部屋中が臭くてたまらないよ(泣)』
モカ『ムスクの甘い香りが田舎者にはわからんのよの〜』
タピ『…』
トロ『…』
モカ『それより見てみろ。猿はあーやって稼いでるんだぜ。副業ってやつだな』
タピ『ただ寝てるだけじゃないか』
トロ『いつもと同じでちゅ』
モカ『アホだな。二人とも良く口元を見てみろ!ジーッ』
タピ『ジーッ…』
トロ『ジーッ…』
モカ『ホラホラ!くるぞ!』
タピ『お〜』
トロ『お〜〜』
モカ『な?。あ〜やって、一滴一滴、丹誠込めて抽出してるんだよ。ホレまたくるぞ〜〜』
タピ『おお〜』
トロ『おおお〜〜すごいでちゅ!』
モカ『だろ?しかもCMの通りだろ?』
タピ『CM??それより、あれがなんで副業なの?』
モカ『さっすがケント。やっぱり足りね〜な。はい!ネギ坊主君!』
トロ『コラーゲンでしゅ!』
モカ『正解!さすが甥っ子。血筋だなこりゃ』
タピ『コラーゲン?あれが?じゃあCMって?』
モカ『鈍いなお前は。ネギ教えてやれ』
トロ『ドモ○ルンリンクルでゅよ』
モカ『うん。でも今はまだお金にはならないんだよ』
タピ『…どうして?』
モカ『無料サンプル作成してる段階だからな〜。でもエテ公にあんな技術があるなんてしらなかったよな』
タピ『…』
モカ『ホラホラ!次くるぞ!おお〜』
トロ『お〜〜わ〜』
モカ『く〜〜っ、今すげー大量にでたな〜』
トロ『感動でちゅ』
タピ『…だからエナさんはお肌が綺麗なのか〜。知らなかった、寝過ごして越後湯沢まで来てしまったくらいショックだよ〜』
--2005年2月25日(金)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.