■上出来
タピ『もう止めたら?徹夜までしちゃって』
モカ『♪ゲロゲロゲロゲロ、ガーガーガー』
トロ『そこ違うでちゅ!ガーガーガーじゃなくて、グワッグワッグワッでちゅ!しっかりしてくだちゃい!』
モカ『あ〜もうやだ!ネギの教え方が下手なんだよ。ちょ、ちょっと休憩グル〜。喉ガラガラだからイソジンでウガイしてクル〜。ハー疲れた。フーッ…』
タピ『トロちゃんお疲れ。おじちゃん疲れるね』
トロ『親戚だからしょうがないでちゅ』
タピ『トロちゃん偉いね。実はまともなんだね?』
トロ『あそこまでは、おバカではないでちゅ。アビシニアンてね、大人になっても子供の様に活発って言われてるけど、実は頭も子供のままだし、ちょっとおバカなんでちゅ。タピオカさんはオモチャとか一度遊ぶと次は飽きちゃうでしょ?でもアビは前の事忘れちゃうんですよ。だからずっとしつこく遊ぶんでちゅ。おじちゃんは、さらにおバカだからしょうがないのでちゅ』
タピ『そうなのか〜確かにモカタンは純粋だよね』
トロ『あれは南アルプス天然水でちゅ』
モカ『ゴクッゴクッ、グビッグビッ、プハー』
タピ『イソジンは飲んじゃいけないんだよ!』
モカ『猫はグルグルするけど、ガラガラは出来ね〜んだよ。OK牧場!ノープロムヘキシン配合!』
タピ『天然だ…。ところで名刺作ったの?見せて』
モカ『ジャーン』
トロ『ジャジャーンでちゅ』
タピ『あ〜エナさんの名刺紙を勝手に使ってる〜。怒られるよ〜。二人とも肉球印刷したんだ〜。ん?パソコン?これどう作ったの?』
トロ『ペッタンでちゅ〜』
タピ『あ〜直接ペッタンしてつくったのか。絵の具か〜。上出来だよ。絵の具よく見付けたね』
モカ『クルクル〜クルクル〜』
タピ『怪しいな。トロちゃん絵の具はどうしたの?』
トロ『クルクル〜クルクル〜』
タピ『ん?クッサー。この名刺臭いよ。あっやっぱり。茶色いし…』
トロ『ホントは青が良かったでちゅ』
--2005年1月20日(木)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.