■久々のタピモカ裏日記
モカ『シャーッ!シャーッ!』
タピ『モカタン、どうしたの?』
モカ『泥棒、いや誘拐犯が来たシャーッ!俺様を誘拐しに来たみたいだシャーッ!』
タピ『変な人、いないよ。でもなんでモカタンが誘拐されるの?』
モカ『は?もしも〜し?まぁケントは誘拐される心配ねーもんな。分からないのも当然。すまんすまん。ケントだけに、見当もつかない?ってか?ヒーヒッヒクルクル〜』
タピ『もうケントケントっていわないでよ。もう呼ばないって約束したでしょ』
モカ『本名で呼んでるだけだよ。ほ・ん・みょ・う。あっ呼び捨てするなってことか?じゃあケントさん!』
タピ『もういいよ(涙)』
 それより誘拐なんて物騒だね〜』
モカ『今、俺、日本で2番目に、素晴らしい仔猫だからね。ケント君には見当もつかないだろうけど〜』
タピ『もうそのギャグはいいよ。でもどういうこと?』
モカ『CFAランキングで第2位ってことだよクルクル〜』
タピ『モカタンすごいね!ショー出ると順位とかも付いちゃうのか〜』
モカ『だろ?俺さまは凄いんだよ。期待の煮干!ってとこだ』
タピ『?ん』
モカ『お?分かってくれたか』
タピ『2位と期待の星をかけてるんでしょ?2星で煮干!凄いよモカタン。ギャグセンスにも磨きがかかってる♪』
モカ『クークルル〜。まぁこれは、お師匠のおかげかな。まだまだこの辺はお師匠にはかなわないけどな〜』
タピ『いい師匠に巡り会えたね。僕も弟子入りしようかな〜』
モカ『それがいいよ。そしたら俺が兄弟子だから、年下でもこれからは兄さんと呼ぶんだぞ!』
タピ『兄さん?…考えさせて』
モカ『師匠はいつも俺に、ギャグは猫に小判だぞ!って励ましてくれるんだよ。やっぱりギャグは猫にとって勲章と言うべきか、重要ってことだよクルクル〜やるぞ!』
タピ『(意味が違う。っていうか何やるんだよ。でもお師匠はまともな人ってことかも)そうだね。モカタン頑張って!』
モカ『ThankYou Veryマッチョ!ムキムキ』
タピ『…』
モカ『それより誘拐犯退治しないと。シャーッシャーッ!』
タピ『だから誘拐犯なんていないよ?』
モカ『聞こえなかったか?男の話声が聞こえただろ?オカマみたいな。で、体調が悪いんで…とかヒソヒソ声が聞えた。きっとブローカーに俺の具合を報告してるんだよ。俺様を売り裁く気だぜシャーッ!』
タピ『・・・それ…エナさんだよ。風邪ひいて声がガラガラでなくて。欠勤の連絡してたんだよ。』
モカ『猿居るのか?アメ横の魚屋みたいな、地獄の底から響き渡るようなハスキーボイスだったぜ』
タピ『それ言い過ぎだよ。かなり辛いらしいよ。可哀想』
モカ『なんだ。そうだったのか。くそ〜やっぱり2位じゃだめなのか』
タピ『そうくるか…』
モカ『やっぱ竹内力じゃ甘いってことか。バトルロワイヤルUじゃなっからいい味出してたんだけどな〜。あの睨みは猫肌ものだったけどなクルクル〜』
タピ『Vシネマの極道モノかい…』
モカ『猿、ショー頑張るから、たまには3食。昼飯くれクルクル〜』
タピ『モカタン…
 エナさんお大事に』
--2004年6月16日(水)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.