■テーブルの上で
人間の食べてる物に興味を持ち出した時のモカの動きは笑える。

モカ『ん?なんだこの臭いは?
 わかんね〜な〜
 ん?おまえ、食い物隠してるだろ!
 くんくん探してる振りしてるけど本当はわかってるんだぜ
 それだよ、そのチーズケーキだよ。
 可愛い攻撃じゃ落ちないか。ばくばく食いやがって!
 まったくこの猿はよく食べるな〜
 く〜。これは長期戦か〜
 毎朝クルクルいって俺様のモカボイスでじわりじわり攻め続けるか…そうすればあの猿も…
 おいケント!お前も協力しろよ!わかってるんだろうな〜』
タピ『…わかったよ協力するよ』

という会話がなされて、朝のクルクル攻撃が始まるのであった。
--2004年3月16日(水)


Copyright © 2004-2005 F.N.G. All Rights Reserved.